smaller companies

中小企業診断士

中小企業診断士という職業をご存知でしょうか?

私はこのサイトで中小企業の事を調べるまでは、中小企業診断士という職業があることすら知りませんでした。この中小企業診断士という仕事は実際にはどのような仕事でどのようなことをするのでしょうか色々と調べてみました。

中小企業診断士とは

簡単に言うと中小企業の経営に関することなどに対して、診断や助言をする人のことだそうです。

この中小企業診断士と言うのは国家資格で、試験に合格しなければならない資格のようで、難易度の高い資格らしいです。専門的な足り場から企業に対してのアドバイスをするわけですからそれなりに、会社の経営に関することは知っておかなくてはならないと思いますし、経済学・経済政策、財務・会計、企業経営理論、運営管理、 経営法務、経営情報システム、中小企業経営・中小企業政策等を勉強しなければならないようです。

中小企業診断士は中小企業診断士の登録をしなければならないようで、一度登録しても5ごとの更新が必要になってくるそうです。やはり中小企業にアドバイスをするので、常に新しい情報を仕入れ、常に勉強する姿勢でなくてはならないということなにでしょうか。

あまり名前を聞いたことが無いのは、そのほとんどが個人開業するのではなく、どこかの中小企業に所属して働いているからなのだそうです。やはり個人でやるには中小企業診断士と言うのは企業の事を内部まで知りすぎると言うことなのでしょうか。

中小企業診断士の仕事

では中小企業診断士と言うのはいったいどういった仕事をしているのでしょうか?

マーケティングや経営に関するアドバイスもあるようですが、そのほとんどの方が経営コンサルタント仕事なのだそうです。会社の経営に深くかかわって中小企業の財務、労務、生産、仕入れ管理などの全部門をサポートしていくのだそうです。そして上では独立する人は少ないと言いましたが、実際独立開業している人は2割程度らしいのですが、それでも独立した時には、通産大臣登録の国家試験ということもあって、依頼する人の信頼度も大きく違ってくるそうです。

国家試験を持っているのと持っていない人ならどちらに依頼したくなるでしょうか。もちろん国家資格を持つ人に依頼したくなると思います。このように独立開業しても企業で中小企業鑑定士として働くにしてもとても会社の経営などに深く関わる仕事なのです。やりがいとスキルを兼ね備えた仕事では無いでしょうか。

中小企業診断士の資格

上で紹介している様に、中小企業診断士は国家資格です。2次試験まであって、かなり難しい試験の様です。確かに1企業の経営などに関するアドバイスなどをするのですから簡単な試験で中小企業診断士ですと言われてしまうと、どの中小企業診断士にお願いして良いのわからなくなってしまいます。ですので難関な試験というのもうなずけます。

さて肝心の試験についてですが、まず1次試験があってこの1次試験は経営に関しての助言や診断をする為の広い知識を試す試験の様です。これは経済学・経済政策、財務・会計、企業経営理論、運営管理(オペレーション・マネジメント)、経営法務、経営情報システム、中小企業経営・中小企業政策の7科目があります。そして2次試験は筆記での実務試験と面接があるようです。やはり難関試験だけあって試験も難しそうです。

合格点はと言うと1次試験は7科目の総点数の60%以上あって、1つの科目も40%未満の点数がないことで、これに当てはまらない場合には60%以上の科目を合格とし、2次試験は筆記が4科目で総得点が60%以上で40%未満が1つも無いことで面接で評定60%以上だそうです。科目も多くてかなり大変な試験勉強をしなければならないようですね。

この試験に合格すると、実務があるようです。これは実際に企業に行って指導を受けるというもので、実際に企業で働くとこんな 感じというのがわかるのでは無いかと思いますので、勉強にもなるのでは無いかと思います。この実務補修の終了後に中小企業診断士ほ登録をすれば晴れて中小企業診断士というわけです。しかしここで気を抜いてはいけません、実際の中小企業で働くのは、試験勉強するのよりも格段に大変な事だと思いますし、この中小企業診断士の登録も5年ごとの更新をしなければならず、この5年間の有効期限までに一定の要件を満たさなければならず、この要件が

1.登録有効期間(5年)内に次のいずれかに該当する事項を5回以上行うこと。

2.中小企業診断協会など、経済産業大臣が登録する研修機関が行う「理論政策更新研修」を受講

3.中小企業大学校が行う支援人材向け研修を受講

4.中小企業診断協会などが実施する論文審査に合格

などで、中小企業診断士になってからもその仕事を続けて行くことは大変というのが簡単では無いことがわかります。しかし企業に取って非常に大事な人材になることは間違いないですし、やりがいのある仕事でもあると思うので、挑戦してみるのも良いかもしれません。

おすすめWEBサイト 5選


copyright 2014 smaller companies All rights reserved.