smaller companies

中小企業倒産情報

中小企業倒産情報ってしっていますか?中小企業と調べているとちょくちょく見かける言葉でもあります。

中小企業倒産情報と言うくらいなのですから中小企業の倒産の情報をあつかっているのでしょう。しかし中小企業の倒産の情報を扱っていったい何になるのと思ってしまいます。ただ単に倒産情報をあつかっているだけなのでしょうか、それとも何か他の有効活用する事があるのでしょうか。

ここは、中小企業倒産情報を調べてみます。

中小企業倒産情報とは

これは読んで次のごとく、企業の倒産の情報を探すということらしいですね。これが必要になるのは、M&A(Merger and Acquisition)の時や、取引をしようとしている会社が実際に存在しているかなどを調べたい時に、使ったりするようです。

実際に信頼して契約などしようとしている企業が実は倒産していたなんて事になったらとても嫌な気持ちになってしまいます。そんなことにならないためにも中小企業倒産情報と言うものがあるのですね。この中小企業倒産情報というのは今回この中小企業のことを色々と調べているうちにわかった言葉なのですが、こういう仕事もあるんだということと、この中小企業倒産情報を発信している会社も中小企業なのかなと、どうでも良いことを思ってみたりもしました。

中小企業倒産情報を調べる

では実際この企業倒産情報はどこで調べることが出来るのでしょうか。

この企業倒産情報と言うのはインターネットでも調べる事が出来る様です。しかもちょっと調べて見ると、なんと無料で企業倒産情報を調べる事が出来る所も結構ありました。しかし無料で倒産した企業を見れるのは良いけど、プライバシーなどは良いのだろうかと思っていたら、やはり無料で見れるのはほんの一部で実際、沢山の倒産情報を見るためには会員登録などをしなければならないようでした。

無料で見ることの出来る倒産情報と言うのは大型倒産だけというサイトもありました。この大型倒産という物は負債の額が30億円以上の倒産のことで、中小企業同士での取引の場合などは、あまり使わないのかなーとも思いました。ということは中小企業倒産情報を調べるには、会員登録をして調べる方法がベストと言うことになるのです。やはりここら辺はしっかりとかんりしているのですね、実際に会員登録などをした場合には年間3万円〜5万円ほどの料金がかかってしまうようです。

取引先の企業が倒産していないかどうかを調べる為の調査料金と思えばやういのかなと思います。しかしこのような業者さんは悪徳な感じの業者がいないか気になります。せっかく会員になっても情報が手に入らなければ、意味は無いですし、倒産情報といって教えてもらった情報が正確な情報で無ければこれも意味はありません、実際にこの企業倒産情報のサイトに会員登録して試したワケではないのでこちらも正確な情報ではないですが、もし企業倒産情報を教えてもらうなら、しっかりと信頼出来るサイトにお願いしたいですからね。

ちなみにこのこういったサイトでわかる情報は、倒産企業の企業名と倒産内容というのがほとんどのようでした。

注目サイト


copyright 2014 smaller companies All rights reserved.